富津市竹岡
梅乃家(うめのや)
ジャンル 醤油(竹岡系)
場所 富津市竹岡401

電話

0439-67-0920
営業時間 8:30頃〜19:00頃
定休日 火・月1回不定休
アクセス 国道127号線と県道91号線の交差点から約100m君津方面へ
店の前の路地を20m位進んだところに10台分程度の駐車場有り
評価
梅乃家外観
チャーシューメンのチャーシュは豪快

 国道127号線沿い。これが行列の出来る超有名店と知らなければそのまま通り過ぎてしまいそうな店構え。
 チャーシューメン(¥600)のチャーシューは厚みも大きさも不揃いで豪快な盛り付け。

メニュー
ラーメン¥500
大ラーメン¥550
味噌ラーメン¥524
チャーシューメン¥600
ヤクミ¥ 40
梅割り¥300

地図


 上総4市のご当地ラーメンの竹岡系ラーメンの元祖とのこと。知らなければそのまま前を通り過ぎてしまいそうな店構えだが、雨の土曜日の午後1時過ぎというのに常時4〜5人が順番待ちで並んでいた。

 店の中は10人掛けのテーブル2卓と座敷(竹岡系の特徴の一つ)が6席。2階にも座敷がある模様。調理はご主人で、元気の良いおばさんが接客を担当(これも竹岡系の特徴)している。

 さて注文したチャーシューメンだが、まず小ぶりのドンブリに溢れんばかり(実際に溢れている)で、アルミのお盆に汁をこぼしながら運ばれてくる。一口スープを飲んで見ると、やはり元祖のスープのインパクトは凄い。濃い口醤油で色は真っ黒、味も醤油そのもの。チャーシューも分厚いバラ肉で相当に味が濃い。 その日の午後一杯は喉が渇いて堪らなかった。しかし、不思議なことにまた食べたくなる味ではあった。

竹岡系に初めてトライする方にはラーメンワンちゃんあたりが食べ易いののでお勧めかもしれない。

 2005/2/19

■竹岡式の特徴(FAVORiTEより引用)
 (1) スープはとらずに、チャーシューを煮た汁をお湯で割る
 (2) 麺は小さな鍋で別々に茹でる
 (3) 湯きりはしないか、かなりラフ
 (4) 薬味は玉ねぎの角切り
 (5) 具はチャーシューメンマ
 番外 おばちゃんがつくる


SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO