ナイロンパスポートケース(無印良品)
名称 ナイロンパスポートケース(無印良品)
素材 ナイロン
メーカー 無印良品
購入 津田沼パルコ
場所 JR津田沼駅北口
価格 ¥950
購入時期 2002年
評価 ☆☆☆☆
無印良品パスポートケース外観
航空券をいれるポケットがある

大きさは23.5×12.5×厚さ2.5cm、黒のナイロン製
裏側には航空券を折らずにいれられる外ポケットがついている。

パスポート用ポケットとクレジットカード入れ
札入れとファスナー付き小銭入れ
収納力はすごい
パスポートケースと超整理手帳カバーはほぼ同じ大きさ
パスポートケースと超整理手帳カバーの厚み比較
 国立商店製超整理手帳カバーと並べてみた。 幅が少しパスポートケースのほうが広い。
 使用されている生地は国立商店のバリスチックナイロンよりは薄手だが、 しっかりとしていて安っぽくは無い。

 2年ほど前に仕事で上海に出張する際に購入した。海外出張ではパスポート・航空券・ クレジットカード・2種類の紙幣等の旅行で必要なもの以外に仕事で使う名刺・書類・筆記用具・ メモ用紙などを携帯しなければならない。当然ポケットには入りきらないので普通は 小型のバッグにいれて持ち歩かざるをえない。こういった小物類はカバンのバラバラになってしまって 必要なときにすぐ出てこないのもよくあることだ。

 このときは現地の取引先を何社も回る過密スケジュールだったが、このパスポートケースに全て 入れて身軽に行動することが出来た。打ち合わせに必要な書類もA4であれば10枚程度までは 4つ折にしてパスポートケースに入れられるので超整理手帳 ユーザーとしては書類カバンとして使うのに違和感がない。

 帰りの空港でも、荷物は全部預けてしまい、このパスポートケース一つ持って、 使い残した人民元で土産を買い、飛行機の搭乗を待つ間に貰った名刺の整理や出張報告の 下書きをしたりしていた。

 なによりも値段が¥950のワリにはしっかりとした生地を使ってあり、安っぽくないところがうれしい。 無印良品にはそう値段は高くはないが、外観に安っぽさを感じさせない(いわいるシンプル)ものが多く 私のお気に入りのブランドだ。

 シャンハイタン (Shanghai Tang、上海灘)と言うブランドで "Star" Travel Walletという製品が出ている。これは皮製のパスポートケースで見た限りでは、 ナイロンパスポートケースと同じ程度の収納力がありそうだが、値段が$95と結構高い。 赤い星がアクセントになっていてデザインも気に入っているのでこの半分程度の値段で あれば使ってもみたいと思っている。

注:「上海灘」(SHANGHAI TANG)という香港の商売人・ケ永鏘氏が1994年に生み出した中国服を現代風にアレンジした香港の 人気ブランド。その後、スイスのRICHEMONT集団に買収され、世界で唯一の都市の名を冠する 服装ブランドとなった。「魔都」と呼ばれた20世紀初頭の国際都市、上海をイメージして作られたという。 米英などに店を持ち、北京にも店がある。名前に上海が付くが、上海進出は2003年春で 日本には店は無いようである。

気に入っているところ

何とかして欲しいところ



SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO