ミニマイクロスコープ(超小型携帯顕微鏡)
名称 Mini micro Scope
素材 プラスチック、ガラス
メーカー 株式会社ジーン
購入 ザ・スタディルーム 
場所 東京駅名店街コミュニケーション小路
http://www.thestudyroom.co.jp/
価格 ¥714
購入時期 2004.9
評価 ☆☆☆☆
ミニマイクロスコープ
ミニマイクロスコープ

キーホルダーになっている
Φ1.7cm×L3.5cm
サイズは小さいが倍率は15倍


 東京駅に教育雑貨店があると聞いていたので、出張の帰りに立ち寄ってみた。

***  “知ること、学ぶこと”を理念とする教育雑貨店「ザ・スタディールーム」  *** 
というコピーどおりに知的好奇心溢れる商品がそろっていた。

 恐竜、昆虫、植物などの標本や模型。骨格模型から 人体の様々な医学模型。地球儀、ホームプラネタリウム、天球儀、星座表など天文学グッズ。 絵本から専門書。虫眼鏡 や顕微鏡から視力表、コンパス、望遠鏡、聴診器まで、自然や生命を 観察するための道具。試験管、ビーカー、フラスコ、アルコールランプといった実験道具。恐竜発掘キット、 自由研究キット、地球ゴマ、万華鏡、パペット、文房具など様々なものがあった。

 色々、目移りして迷ったがミニマイクロスコープ(超小型携帯顕微鏡)を購入した。ミニとマイクロと 重なってくどい様に聞こえるかもしれないが、小型の顕微鏡(マイクロスコープ)という意味なので やむを得ない。

 これまでは万年筆のペン先の刻印のような小さな文字を読むときは ニコン単眼鏡を9倍ルーペとして使っていたが、やはり15倍のこのミニマイクロスコープのほうが 倍率が高いだけあって使い勝手がいい。自分の手の皮膚を見てみると毛穴までくっきり見えた。

気に入っているところ
■リンク

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO