角型2号封筒

名称 角型2号封筒
素材 クラフト紙
メーカー
購入
場所
価格 1枚¥10程度で売っています
購入時期
評価 ☆☆☆☆

 封筒がお気に入りの文房具かと言われそうだが、私にとっては重要なファイリング用品。 クラフト封筒と呼ばれるもので角型2号はサイズは240×322mmでA4の紙(210×297mm)が 丁度収まる。

 1993年に発行の野口悠紀雄著”「超」整理法1 押出しファイリング”を読んで以来、 この角型2号封筒を使ったファイリングシステムを採用している。それまで色々なファイリング用品 を試してきたが、 この方法が簡単で費用も安上がり。実際に必要なものは、この封筒を20〜30枚/月とポスカ3色(1年以上持ちます)なのでランニングコストは 200〜300円/月程度。

 封筒に資料を入れて机の引き出しに投げ込むだけなので、ファイリングの手間も要らないし、 無限に資料が増えて探すのに時間が掛かるということも無く、最大でも5分程度で資料が見つかる 。
(このシステムの詳細は野口悠紀雄のWebSite”野口悠紀夫雄Online”をご覧下さい)

角2号封筒

 角型2号封筒はそのままでは机の引き出しに入らないので15mm程度切り落とす
 この封筒の右上に書類のタイトル、四隅を図中の凡例にしたがってポスカで10×30mm程度のマークする

角2号封筒
角2号封筒

実際の封筒、裏にも同じようにタイトルとマークがある
同期入社の名簿なので上部は黄色のマーク (名簿・住所録)、下部は緑のマーク(個人資料)

角2号封筒
角2号封筒

袖机の一番下の引き出しにこのように保存
  赤いマークは永久保存の印、緑のマークは個人資料の印
  大半の業務関連資料は何もマークされていない

資料を探すときは封筒の右上のタイトルを参考に探す


気に入っているところ もう少し何とかしてほしいところ

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO