フィッシャー スペースペン

名称 フィッシャー スペースペン
素材 -
メーカー

フィッシャー

購入 高級万年筆の文栄堂
場所 -
価格 ¥798
購入時期 2005.7.15
評価 ☆☆

 エモーションモチーフ油性ボールペンの リフィルがB(太字)であまり私好みではないので入れ替えることにした。

 ファーバーカステルのF(細字)にしてもよかったのだが、せっかくのパーカー互換なので 他メーカーのものにしてみることにした。

油性ボールペンは似たり寄ったりとも思ったがフィッシャー スペースペンのリフィルも パーカー互換のようなのでこれにしてすることにした。

フィッシャー スペースペン
フィッシャー スペースペン

 白い樹脂製のキャップを取り付けるとパーカー互換になる。

フィッシャー スペースペン
フィッシャー スペースペン

 ファーバーカステルのリフィルと並べて見た。別物に見えるがエモーションで問題なくスペースペンのリフィルが使える。

 パッケージの裏面が説明書になっていて、窒素ガスが封入されていて水の中や上向きでも 書き続けることが出来るし、-30°F〜250°F(-34℃〜121℃)まで使用OKということだった。
でも使う人間の方がもたないか >orz

 書き味は最近の国産のジェルボールペンのようなヌルヌル感も無く、極普通の油性ボールペン。


フィッシャーの歴史
 カンサス州の牧師の息子として生まれた創設者ポール・フィッシャーは、カンサス・ステート大学にて一般科学の学士号を取得し、卒業後、門衛、バスボーイ、靴屋のセールスマン、トラックドライバー、公認会計士、パン屋のマネージャー、エンジニア、オートメーション機械のデザイナー等の職を経験した後、アメリカに初めてボールペンを紹介した『レイノルド・インターナショナル・ペン・カンパニー』に雇われた。1948年に『フィッシャー・ペン・カンパニー』を設立。NASAの要請により開発された無重力の宇宙で使える「スペースペン」、21世紀中インク切れがない「マーズ」「ミレミアム」など画期的なボールペンを送り出している。


SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO