英雄(万年筆)

名称 英雄
素材 -
メーカー 中国製
購入 貰い物
場所 −  
価格
購入時期 2004.5
評価

ヒーロー万年筆
ヒーロー万年筆
相当安っぽい金メッキ 直径11mm×長さ135mm
ペン先が胴軸の中に殆んど埋め込まれていて先端部のみ見える
ヒーロー万年筆
ヒーロー万年筆
胴軸の先端の金色の矢印は昔から変わっていない
キャップには”英雄”・クリップには”HERO”の刻印
ヒーロー万年筆
スポイト方式でペリカン 4001(レッド)を入れて使用中
インクの残量が分かるように透明部分がある

 60年代後半(中学生の頃)、万年筆といえば国産はパイロット、外国製ではパーカーが流行していた。 中国製の英雄は値段は圧倒的に安かったので使ってみたが書き味いまいちのものだった。

 最近、ふとした機会に入手したが、デザインは40年前と殆んど変わっていない。(最近では10万を越すような高級品も造っているらしいが)

 あまり書き味については期待せず、書類チェック用にペリカン 4001(レッド)をいれてみた。やはり、鉄筆ではないかと思うくらいペン先は硬くて字を書こうと言う気には 到底ならない。とはいうものの懐かしい一品なので手元に残して時々使ってみている。


SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO