MONO ZERO(ホルダー消しゴム)

名称

MONO ZERO(ホルダー消しゴム)

素材

プラスチック(ボディ)

メーカー

トンボ鉛筆

購入

ユザワヤ

場所

JR総武線津田沼駅

価格

MONO Zero本体 ¥367
替えゴムリフィルER-KSU(2本入り) ¥157

購入時期

2008.03.15

評価

☆☆☆☆

西暦2007年、泥沼化する「機能性ホルダー消しゴム開発戦争」に終止符を打つべく、 新たな“兵器”が投入された・・・。文具王に 言わしめた「トンボ鉛筆 MONO ZERO」を購入。

MONO ZERO
MONO ZERO

消しゴム形状(先端形状)は2種で、直径2.3mmの丸型と2.5×5mmの角型、 外観デザインは3種で、スタンダード(MONO消しゴムデザイン)、ブラック、シルバーの2×3で全6種類。(さすがにこの方のように コンプリはしませんでしたが)
2.5×5mmの角型+ブラックをチョイス。丸型は消しゴムが細くて折れそうで怖かったので。 (使ってみて判ったがERASTOMER ERASERはかなり強度がありφ2.3が折れそうというのは杞憂)

MONO ZERO
MONO ZERO

先端には金属製ロングガイドパイプが採用され、消したい箇所がよく見える。

上から
 ・STAEDTLER MARS PLASTIC 本体サイズ:φ15mm×137
 ・MONO KNOCK 3.8 本体サイズ:φ12mm×133mm←従来一番細いホルダー消しゴム
 ・MONO ZERO 本体サイズ:φ8.5mm×120mm
MONO ZEROがここまで細くできたのは2つ工夫がある。

MONO ZERO
MONO ZERO

一つめの工夫は消しゴムに折れにくい合成ゴム消しゴム(ERASTOMER ERASER)を採用したこと。

但し、やはり硬めの消し心地で広い範囲を消すのはきつそう。手帳のスケジュール修正 等のピンポイントの修正向き。

MONO ZERO
MONO ZERO

二つめの工夫は棒状の消しゴムの根元にφ1.3mmのプラスティックのスティックがついていて 本体内部でこのスティックをチャック、ノックによって前に繰り出していること。
従来のホルダー消しゴムは消しゴム自体をチャックするため、ボディが太くなっていた。


気に入っているところ 何とかして欲しいところ

■リンク
 文具王・高畑正幸の最新文具ワンダーランド「トンボ鉛筆 MONO ZERO」
 MONO Zeroプレスリリース(トンボ鉛筆)
 ブンキチ:トンボ MONO zero
 さんてんり〜だ TOMBOW MONO zero
 Pencil Case - Part 2 - MONO zero

2008/5/20


SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO