パイロットクラッチポイントボールペン

名称 クラッチポイント極太
素材 油性ボールペン
メーカー PILOT
購入 貰い物 
場所  
価格 ¥525
購入時期 2004.11
評価 ☆☆☆

 ボールペンは細字が好みで、ラミー2000も買ってすぐにオリジナルのリフィルを外して、0.5mmの三菱SE−5に交換している。 最近、知人からクラッチポイント極太というボールペンを頂いた。ボールペンの字の太さはペンの先端の金属ボールの径で 呼称されるが、日本では画数の多い漢字を多様するためか0.7mm以下が主流のようである。

 このクラッチポイントは極太1.2mmということで、使ってみるとやはりかなり太い線になり手帳用は無理。但し、 書き味はとても滑らかで、これまで考えをまとめるときA4のRHODIAペリカンスーベレーン600で殴り書きしていたが、その代わりには使えそうだが ただ、インクの出がスムーズなのは良いがすぐインクが無くなってしまわないか心配。

 また油性ボールペンではPILOTのレックスグリップ超極太1.6mmボールが一番太字の ようだがどんな書き味か こちらも興味がある。

パイロットクラッチポイントボールペン
パイロットクラッチポイントボールペン
グリップ部はゴムになっているて胴部に”は1.2極太”のシール
パイロットクラッチポイントボールペン
先端の金属ボールはかなり大きい
パイロットクラッチポイントボールペン
0.5mm、0.7mmとは線の太さとインクの濃さが違う
ボールペンの歴史

 ボールペンのアイデアはかなり昔からあったが、ペン先の金属極小ボールの加工技術と高粘度インクの開発という 課題があり、実用化されたのは1943年のことで、新聞の校正係だったハンガリー人のラディスラオ・ピロが 発明者だそうである。


SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO