preppy(プレピー)
名称 preppy(蛍光マーカー)
素材 プラスチック
メーカー プラチナ万年筆
購入 ユザワヤ
価格 本体:¥157
インクカートリッジ(3本入り):¥105
交換用チップ(2個入り):¥105
購入時期 2008.2
評価 ☆☆☆☆

preppy
preppy

プレピー(蛍光マーカー)の特徴はカ−トリッジ式、かつ、 先端のチップ交換式になっている点。
中綿式のペンに比べて、直液式はインクの出もいい。インクも先端チップも交換できるので、 惜しげもなくハードな使い方が出来る。

preppy
preppy
¥157の蛍光マーカーだがプラスチックで作られたペン芯は 万年筆と同様の構造になっている。写真左上でもボタ落ちを防ぐインク含み溝(蛇腹)が刻まれている のが判る。
更に凝っているのがキャップ。内部にも小さなインナーキャップ(透明なプラスチックなので写真右上では判り 難いかもしれない)がある2重構造でこのインナーキャップをバネで軸に押し付けて密閉し乾燥を 防いでいる。
preppy
preppy

インクカートリッジはプラチナ万年筆のインクでは定番の鋼球の入ったもの。
蛍光マーカーでは先端のチップも消耗品、交換出来るのは嬉しい。

preppy
preppy
書類の重要部のマーキングだけでなく文具王の「グリーンの蛍光ペンで 最終バージョンチェック」を参考にして書類の最新版チェックに使っている。

使い方は簡単で以下

  1. 最新版の資料の一番上の端にグリーンの蛍光ペンで線を引く(写真左上)
  2. リイバイズされたらグリーンのラインの上にピンクの蛍光ペンでラインを引く。 これでグリーンのラインが茶色っぽくくすんだ色に変色する。これで最新ではない物だ と一目で分かる。(写真右上)

中綿式の蛍光マーカーはすぐにインキが無くなって使えなくなるし、インキの残量が判らないため 必要な時に限ってインク切れということが多い。preppyは中綿式にくらべて高めの価格設定 (とはいっても¥157)だが、ヘビーユーザー向けに出来ている。

気に入っているところ

2008/03/09



SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO